大分県産 おおいた冠地どり

おおいた冠地どりとは

大分県畜産試験場が4年の歳月をかけて誕生させた大分県産の地鶏。
日本国内初となる烏骨鶏を交配しており、毛冠のとさか、あご髭 など、烏骨鶏の特長を受け継いでいるので、冠地どり(かんむりじどり)と名付けられました。
「おおいた冠地どり」は、烏骨鶏を含め、雄雌合わせて5品種を交配。
烏骨鶏の体格の小ささを補うために、発育の良い白色ロックを掛け合わせるなど、旨味、 大きさ、産卵性など、それぞれの品種の長所が集約されています。
鶏肉の旨味成分であるイノシン酸含有量が高く、肉質もほどよく柔らかな「おおいた冠地どり」。
開発コンセプトに「家庭で味わう、こだわりの地どり」を掲げ るだけに、国内の地鶏のなかでは、価格的にかなりリーズナブル。旨い・安い・柔らかいの三拍子が揃った地鶏に、大分県の新たなるブランドとしての期待が高まっています。

冠地どりの特徴

大分県の畜産試験場が開発した烏骨鶏を入れた、全国初の特産地鶏です。
地鶏肉の特定JAS規格に適合(在来種由来の血液割合62.5%)
飼育期間は90日程度で性質はおとなしくて飼育しやすいです。
毛冠、顎髭など烏骨鶏由来の外観です。
やわらかで程よい弾力を持ち、うま味に優れた肉質です。
とりすき、とり天、唐揚げ、親子丼など、いろいろな料理を一層美味しく引き立てます。
子供からお年寄りまで、幅広い年代に好まれるジューシーな味わいです。
Item Information アイテムインフォメーション

※商品は冷凍になります。

原産地
大分県産
商品企画
モモ 約300g/1枚、ムネ 約300g/1枚、トリ脂 1kg/pc、丸どり 約1.8kg/1羽、砂肝 500g/pc、トリ肝 500g/pc、ハツ 500g/pc
保存温度
-18℃以下
ページのTOPに戻る