山方屋
2012年10月31日
秘境の逸品 スペイン産 テルエル豚

 

 

秘境の地“テルエル

 

テルエルはアラゴン州テルエル県の県都です。テルエルは山がちな場所に位置し、標高は海抜915mにまで及び、スペイン国内でも孤立した環境にあります。しかしその稀な環境こそ、環境汚染の影響を受けることなく養豚や農業を育み、先人が残した伝統的製法を守り受け継がれて今日のテルエルを代表する数々の農産物、畜産物の産出に献しています。またテルエルはイスラムの影響を色濃く残し、数多くの世界遺産が存在します。特にムデハル様式の大聖堂は有名です。

 

伝統的製法のテルエル豚

 

伝統的テルエル豚となる全ての豚はテルエル内で生まれ飼育されたものです。交配は、雄(デュロック100%) メス(ランドレース、ラージホワイトがそれぞれ50%)の豚を掛け合わせて生み出されます。このテルエル豚は赤身に脂肪が均一に浸透した非常にサシが多く入った肉質を生み出すことができ、しっとりとして融点の低い口どけの良い味わいと甘みのある味わいを実現しています。また与えられる餌もテルエルで生産されたD.O.(原産地呼称)に認定されたものだけを与え、115kg以上の体重になるまで生育環境、食事共に大切に育てられます。

こうして育てられた伝統的テルエル豚はテルエル県内に限らず、スペイン全土で美味しい豚肉として認知されています。テルエル豚は三元豚の配合で原産地呼称委員会の厳しい管理のもとの生産体制で飼育されています。バラ肉部分の赤身肉で有名なセクレトは「セクレト・デ・テルエル」として商標登録をして、広く販売されています。

精肉全般は地元のアラゴン州政府による “Teruel Carne Artesana”(伝統的テルエル豚肉)というブランド認定を受け保護されています。生粋のテルエル育ちのテルエル豚を是非ご賞味ください。