黒トリュフ

黒トリュフ

フランス・ペリゴール地方やプロヴァンス地方で収穫される非常に高価で貴重な冬の黒トリュフ。
最盛期は1~2月で、平均的な重さは30~60gですが、中には100gを超えるものもあり形は不規則です。
外観はダイヤモンドカットのようにでこぼこしていて、色は熟成すると表皮・中身とも黒くなり、白い筋は収穫末期には消え、加熱によっても消えます。
ページのTOPに戻る